スマップの情報をお届け

香取慎吾の演技は下手なのか?高倉健からの厳しい評価の理由

今までいろいろな役をこなしてきた香取慎吾ですが、「演技が下手」「いつも同じ演技」など演技については厳しく評価されることが多いようです。香取慎吾の演技についての評価をまとめてみました。

香取画像1

 

香取慎吾はあえて役作りをしないタイプ

役を演じるにあたって、どっぷりとその役になりきる為に役作りをする人もいればそうでない人もいますが、香取慎吾主演の2014年4月期ドラマ『SMOKING GUN~決定的証拠~』では役作りをしないタイプだと言っていました。

「もともと僕はいわゆる“役作り”というものをしないほうではあるんですけど、こんなにしないのは初めてというくらいですね。今回、原作のマンガもあるんですが、“見ない方がいいんじゃないか”という話もあったので、あえて読んでないんですけど。ですから実際に今撮影している部分の内容しか見ずにやっているので、本当にどうなっていくのか全然わからない」(引用元:月刊TVnavi)

役作りをしなかった結果「独特のキャラでよかった!」という評価をされる場合と「もともとのキャラが台無し」などと評価される事もあります。

『SMOKING GUN~決定的証拠~』については

●香取慎吾の出てるドラマ見てるんだけど…こんなに演技下手だったっけ…
●香取慎吾の怒った演技 あんまり怒ってる感じしないんだね
●結局どんな役をやっても「香取慎吾」のまま
と視聴者の厳しい評価もありました。中には「香取慎吾の声が変」「声が演技に合ってない」というコメントもあったりしましたね。一時期声が変だったのは舞台稽古のせいだったのではと言われています。

香取ドラマ画像2

 

あの高倉健も香取慎吾の演技についてコメント!

2012年に高倉健が「SmaStation!!」に出演した時の事です。

草なぎが「ボク、今度のアルバムで(高倉健の代表曲)『唐獅子牡丹』を歌わせてもらったんですよ!」とオベンチャラを言うと、「聴いたけど、あんまりうまくねぇな」とバッサリ。また、ドラマ「任侠ヘルパー」でヤクザを演じている草なぎが「健さんをマネしています」と言うと、「役が合わない」と突き放した。それでも「あなたへの演技は良かったですか?」とすがりつこうとする草なぎに対し、「う~ん……ちょっと役が足らない」と最後まで評価しなかった。
「台本の記憶などは全て撮影現場で済ませちゃいます」と香取が悪びれずに言うと、健さんは唖然とした表情になり、「役者に向いてないんじゃないのか? オレが企画部長だったら(映画に)使わないな……」と切り捨てた。
健さんがテレビ番組にゲスト出演するのは15年ぶり。生放送に出演したのはなんと初めて。取材に応じることもまれな健さんのまさに貴重な番組出演である。SMAPの面々は健さんを引っ張り出したと大威張りのつもりだったろうが、“大人”を甘く見てはいけない。収録なら間違いなくカットされていたはずだが、SMAPに対して視聴者が常日頃から思っていることを直言され、そのままオンエアの想定外の事態となった。芸能評論家の金沢誠氏がこう言う。
「高倉健ですから何を言われても、ジャニーズ事務所もテレビ局も黙らざるを得ません。SMAPは普段からPRしたい映画などがあると、それぞれのメンバーの司会番組に出演して、気持ち悪いほどお互いの作品を褒め合う。健さんはそんななれ合いをたしなめているのだと思う」
草なぎと香取は高倉健に感謝した方がいい。(引用元:日刊ゲンダイ2012年8月20日)

画像は「SmaStation!!」に高倉健が出演した時のものです。

スマステ画像3

実際番組を見ているとそんなに重い感じではありませんでしたがなかなか厳しい評価があったようですね。演技力ももちろんですがその人に合った役かどうかというのも評価に関係してくると思うので、これから香取慎吾に合う役が舞い込んでくるといいですね。今まで香取慎吾が演じたドラマでは面白いものも多かったのでまだまだ期待したいです。

 

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る