スマップの情報をお届け

草なぎ剛(チョナン・カン)が韓国人だと言われている理由を検証してみた

草なぎ剛が韓国で活躍しているのは有名な話ですが、なんと草なぎ剛は在日ではないかと噂されています。確かに韓国ではチョナン・カンとして人気がありますし、チョナン・カンがいるグループがSMAPというらしいなどSMAPというグループ名よりも知名度があったりしますが、それだけでは在日とは噂されませんよね。いくつかの理由があるのでまとめてみました。

チョナンカン画像1

 

草なぎ剛が当時の韓国大統領と対談

草なぎ剛は2003年に盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領と対面した事もありますし、2008年に韓国の李明博(イ・ミョンバク)元大統領が来日した際には対談も実現しました。100人の一般人が大統領に直接質問するという企画の番組でしたが、草なぎ剛は日本代表として対談し話題になったんですね。もちろん韓国語です。この事でいくら韓国語ができるアイドルとはいえ、それだけで対面できたり対談できたりするものなのか?在日なのでは?と噂されるようになりました。

大統領対談画像2

 

草なぎ剛の韓国愛が在日の証拠?

もともと韓国の俳優が好きで韓国映画を見て自分も韓国語を勉強しだしたそうですが、韓国の食生活を摂り入れてみたり、さらには愛車まで韓国産に買い替えたということがありました。
2008年に東京スポーツで報じられていましたが、どうやら韓国自動車会社からプレゼントされたもので草なぎ自身も韓国移住の計画があるとも言われていました。ここまでの韓国愛となればやはり韓国人なのでは?という噂も立ってしまうかもしれませんね。画像を見れば韓国でかなりの有名人だという事がわかります。

テレビ画像3

 

草なぎ剛が日本人という証拠があった!

これだけ韓国人なのでは?と騒がれてきましたが、実は草なぎ剛は「草彅剛」という漢字があります。彅は常用漢字ではないため、多くの場合「草なぎ」と表記されることが多いんですね。「彅」は国字であり日本人しか使えない漢字なんだそうです。本当のところは本人しか知りえない事かもしれませんが、恐らく草なぎ剛は韓国愛の強い日本人ではないかと思います。

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る